園だより
石川県金沢市 清泉幼稚園のブログです。日々の保育のことや、園からのお知らせなどを綴ります。


保護者の声「安心して任せられる先生方」

私の娘は人見知りで大人しく、就園前は、お友達と遊んだり私から離れて夢中になって遊ぶということはありませんでした。 
案の定、入園してから毎日「行きたくない」と泣くようになり、
親として胸の痛い朝が続きました。 
先生は「今日はこうして過ごしました」と連絡帳に書いて毎日渡してくださったり、 
娘が心配だと相談に行ってつい泣いてしまった私に、
1時間も付き合って話を聞いてくださいました。 
先生方は教師としてだけでなく、母親として子育ても経験してきた先輩。 
その両方の目線で子供達や私達を見てくださるから、 
「大丈夫!」と言う簡単そうに思える一言や普段の何気ない会話に“説得力=安心感”があるのだろうなぁ、と思っています。 
そして若い先生方は子供たちと走り回ってくださる…なんて良いバランス! 
年長になると娘は、毎朝笑顔でリュックを背負っていました。

保護者の声「4人目の娘に選んだ幼稚園」

上の子供達3人は教育系の大規模幼稚園に通っていました。 
参観日、運動会、発表会…どの行事も隙がなく、色々な意味で目を見張るものがありました。 
ただ、いつも失敗しないか、きちんと出来てるかと緊張し、
誰かと比較していたような気がします。 
そのせいか、子供にはいつの間にか「お利口さん」を強要していたのかもしれません。 
子供達の糸は終始張り詰めていたのかもしれません。 
それに比べ、清泉の子供達は、我が子を含め好んで「お残り」をしたがる子がいる程幼稚園が大好きです。 毎日、思いっきり、のびのび、キラキラしています。
これってとてもステキな事ですよね。 
それに、娘は、想像力、創造力、共に逞しく育っています。 
カリキュラム通りの毎日も大切かと思いますが、
糸もゴムも張り詰めているよりは、伸びしろが合った方が良い事は誰でも承知の事ですよね。 人とて同じ事ではないでしょうか? この幼稚園を選んで本当に良かったと思います。

保護者の声「他園に入園保留と言われ…」

息子は小さい時からとにかく元気がよく、常に動き回っている子でしたが、
特に気にすることもなく「元気でいいわ」と思って子育てをしていました。 
ところが、当時、入園を予定していた幼稚園から「落ち着きがないから、入園を保留」と言われてしまい大変ショックを受けました。 その園は人数が多く大きい幼稚園でしたので、
息子には人数が少なくて、一人ひとりをしっかり見てくれる幼稚園が合うのではないかと思い、 清泉幼稚園に問合わせをしました。
事情を説明したところ「うちは小さい園ですし、大丈夫ですよ」と園長先生が親身になって話を聞いて下さり、すぐに見学に伺いました。 そこで息子がすんなり遊びに混じっている姿を見て入園させていただくことにしました。 入園してみると先生方は子供一人ひとりの個性をとても大事に保育をされていて、手がかかる息子にも優しく接して下さり、 のびのびと過ごすことができました。
そんな息子を見る度に清泉幼稚園に入園して本当によかったと思いました。
子供たちは年齢に関係なく、みんな仲良しで、園全体で活動することが多いところもとても素敵だと思いました。 また、お母さんたちもクラス関係なく仲がよく、行事の時も全員で協力して取り組んでいます。 幼稚園に入る前は「お母さん同士の付き合いなんて面倒」と思っていたのですが、とても楽しんでいる自分に驚いています。 先生方、子供たち、お母さんたち、みんな温かく仲がいいので、息子も私もとても楽しい幼稚園生活を送ることができました。


カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事

過去の記事

ページ内検索

mobile

qrcode